自由巣HPへ  □ 掲示板の使い方  □ 検索
★i-mode、j-sky(https://jiyusu.com/okigaru/ibbsk.cgi)でも見れます。 ★どんどん書き込んで下さいね!

Name / E-Mail /
Title / 削除キー / (半角8文字以内)
Comment/ (適当に改行を入れて下さい)
Color/

8736/ は〜りぼおて〜はりぼお〜て
・投稿者/ ASPARA
・投稿日/ 2019/09/23(Mon) 13:38:52
    かっての新大陸発見や東方貿易と同じく、儲かるとなれば、加速度的に宇宙空間に経済活動は拡大し、同時に権益を守るために軍事力もあとを追う形で拡大して行くでしょうね。かっての東インド会社(独自の軍隊や交戦権を行使できた)みたいな企業が現れなければよいですね。(エイリアンのウェイランド社とかアバターのRDA社(資源開発公社)とかですね。)これはこれでSFネタには持ってこいなのですが、マス・ドライバーは現実的に恐ろしい武器になりそうなので、ちょっと心配ですね。ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」の世界はさすがに勘弁してくれです。
    「純粋水爆」には驚きました〜。S&Wさんの引き出しはまるでドラえもんのポケットでありますね。(笑)私は、「続・猿の惑星」に出てきたミュータントがご神体(?)としてあがめている「世界終局爆弾」ってあるの?と調べた時にこの存在を知りました。ミュータントが歌う讃美歌の歌詞もすごかったんで、とても印象に残っています。(ネーミングもすごいけど、ポケットからネズミを退治しようと地球破壊爆弾を取り出したドラえもんも相当なものでした。(笑)、「こうなったら!」じゃないよ。AIの暴走じゃなすまないでしょ。)

8735/ EMドライブと純粋水爆
・投稿者/ S&W
・投稿日/ 2019/09/23(Mon) 09:47:03
    EMドライブは真空空間で推進力が得られるのがメリットですが、当然太陽光発電の電力がどれだけ賄えるかが課題となります。現代の技術ではまだまだ不可能ですが、いつか屋根一面に太陽光発電装置を付けるだけで永久に走れる電気自動車が出来ると思いますし、まずは2050年までにco2排出をゼロにする目的をどこまで達成出来るかが地球温暖化を防ぐうえで重要でしょうねー。ただ、地球温暖化の要因もいわれてる二酸化炭素ですが車や火力発電より実は増え続ける人間の吐く二酸化炭素が一番多いとも言われており、人口をどうコントロールするか、また子どもが減ると親世代を支える担い手の負担が強くなる(これは日本が少子高齢化問題に直面してるので皆さんもよーくご存知だと思います)わけで、欲望に駆られたテクノロジーの進化に人権問題が追いていけてないのが残念な現状となってます。人類の自己コントロールをどのように実現するか、が理想論ではなく現実論になりつつありますよね。
    さてしーこさんも書かれていた月面移住計画ですが、アニメではガンダムや懐かしのドラグナー、OVAではダロスや大友克洋のフリーダムなどで描かれてますが、当面は宇宙開発のための採掘工場が置かれることになると思うので、まずは企業が支社を作るのではないかなーと思います。ちなみに重力は月面表面に擂鉢状態の居住区を作って回転させればいいかな、と。ただ恐ろしいのはそれこそ宇宙軍がクーデターを起こして占拠し、採掘した巨大な岩石を地球の主要都市に落とし始めたら・・・文字通り地球を軍事支配できるかもしれませんね。
    と、いうSF戦争マンガをいつか描こうと思ってたのですが(笑)。
    ちなみに私がEMドライブに興味を持ったのも純粋水爆からの流れで、これを実現しようとしている秘密結社(笑)と戦う高校生スパイ(!)のマンガを描こうと思ってたからだったりします。いつのことになるやら。σ(^_^;)
    ところで宇宙軍がもし王立なら宇宙に飛び出しても好きな女の子のためにお祈りするだけなので多分大丈夫かと思います(笑)

8734/ 台風お見舞い
・投稿者/ 青木ひびき
・投稿日/ 2019/09/22(Sun) 19:33:42
    いやー、最近の異常気象は本当にやばいですね。
    16歳の女の子が、たった1人で地球温暖化を訴えた海外ニュースを見ましたが、
    真面目に考えないと、宇宙進出どころじゃなくなりそうですね。

    まあ、それはそれとして、
    みなさん、知識豊富で付け焼き刃のわたしとしては、
    お恥ずかしい限りです。

    EMドライブですかー。
    聞いたことはあるけど、詳細はよく知りませんでした。
    お話を聞いていると、かなりいい推進器ですねー。
    おっしゃる通り、核融合エンジンは大量のペレットを要するのですが、
    水素ーヘリウム反応では太陽と同じ比較的平和で笑、安全な核融合反応です。
    必要なのは、宇宙でどこにもある水素と、月に豊富にあるとされる、
    ヘリウム3です。これを高温高圧で反応させて爆縮を起こし、
    推進力に使います。
    確かにレーザー爆縮は理想なのですが、焦点を当てるのが難しいそうですね。
    あとは、核融合で生まれる、中性子の処理ですねー。
    分厚い鉛の壁を作れば、船室への透過を防げます。中性子自体は宇宙ではありふれたものなので、捨てるのは問題なそうですね。
    エンジン内に溜まった中性子は、吸着剤で処理します。
    宇宙空間に3年から4年晒しておけば、吸着剤の中性子は放散して再び使用できるようになります。
    しかしこのために、エンジンは数年に一度、メンテナンスが必要です。
    うーん、コストが高い笑。

    しかし、EMドライブ、勉強せんといかんですなー。

    余談。
    セクシー8、せっかく予告編描いたのに、全然違う展開になっちゃいました笑。

8733/ 出た・・・!
・投稿者/ ASPARA
・投稿日/ 2019/09/22(Sun) 15:15:37
    S&Wさん
     あっ、あえて触れなかった「EMドライブ」が来ちゃいましたか!
     あっしも、個人的には「EMドライブ」が原理が不明なので書き込みはしなかったのですが、実現すれば継続的に推進力が得られる訳で、推進剤なし!の推進機関が出来上がる訳ですが、現時点では地球の磁場の影響も考えられるため、立証までは至ってないのですよね。「常温核融合」の例もあり、過剰な期待はしないようにしているのですが、実現すれば、素晴らしい加速が得られるし、深宇宙探査も一気に加速するでしょう。そうそう、先に書いた書き込みで核爆弾をドッカンドッカン、というのは核分裂を利用した「原爆」ですが、強力なレーザーを照射し「核物質の入ったペレット」を爆縮させる方式もあるようです。これは「水爆」を利用した推進方法ってことでしょうが、結局のところ宇宙船の速さを決定するのは「継続して推進力」を生み出すことなので、いずれにしても大量のペレットを保管するスペースが必要になり、どんどんどこどこ宇宙船は巨大になって行きます。ので、質量のエネルギーの変換率が100%の反物質がSFでは重宝される訳ですが、EMドライブはこんな大げさな設備がなくても継続た推進力が得られる訳で、太陽系内の航行(特に火星軌道以内)ではまさに夢の推進機関になる可能性がありますね。
     これまた、中国も実験していると聞きますが、JAXAあたりが研究していると良いのですけどね〜。「こうのとり」に積んで宇宙で実験して欲しいものです。
     しかし、そうかっ!火星田マチ子を失念していました!いましたね、タコ型女性宇宙人!・・・台風で家の中にいるので、ついつい長い書き込みに。スミマセヌ。

8732/ タコ型宇宙人美少女(笑)
・投稿者/ S&W
・投稿日/ 2019/09/22(Sun) 14:22:29
    ちなみにasparaさんの書かれたタコ型宇宙人美少女(笑)を見て、吉田戦車の火星田マチ子を思い出しました(^O^)
    ラムちゃんにも並ぶ萌えっぷりでしたねー(笑)

8731/ 参戦します(笑)
・投稿者/ S&W
・投稿日/ 2019/09/22(Sun) 14:17:55
    青木さんとasparaさんのSF宇宙物理学対談、大変興味深く読ませていただきました(^^)
    お二人の深い知識に比べたら私の知識なんざ浅はかで低レベルではありますがドシロウトの妄想とお笑いくださいσ^_^;
    宇宙船の推進力となる新たなエンジンの可能性ですが、私はマイクロ波を密閉空間で反射させるとなぜか?推進力が得られるEMドライブシステムの時代が来るのではないかなー?と思います。ちなみになぜか?と書いたのは原理がまだよくわかってないから(笑)。空気のある場所では原理は簡単で、密閉空間で一極集中したマイクロ波で高温を発生させて熱い空気が排気口へ吹き出す力を利用するので、電気さえあれば内燃型エンジンが作れるという理屈になります。これは15年ほど前に東大の開発チームが実験に成功し、ロケットを飛ばせたそうです。現在の電気自動車の動力はレアアースから作った強力磁石モーターを少ない電気で回して動力としていますが、マイクロ波で爆発する内燃エンジンだと電気ジェット飛行機が作れると思います。で、EMドライブですがこちらも当初は同じ原理で動力が得られると言われてたのですが、NASAが真空空間で実験したところ推進力が得られたので、太陽光発電でマイクロ波を起こし続ければ理論上永久的に推進力が得られる宇宙船が作れてしまいます。(ホント?(笑)
    技術がさらにすすんで、核爆発クラスの推進力が得られたら(当然中性子はなし)太陽系から出ることも可能かも?
    ところで核爆発につきものの放射性物質と中性子線ですが、核兵器といえば原子爆弾と水素爆弾。水素爆弾が放射能をばらまくのは端的に言えば起爆装置が原爆だからなのですが、水素の核融合に必要な1億度のエネルギーを得る手段が原子爆弾以外にあれば放射能を散らさない、たとえばレーザー光線で発熱すればいわゆる純粋水爆が出来るといわれてます。ただし、中性子線は発生するので有人宇宙飛行には向かないですね。いや長くなりました。

8730/ まだ終わらんよ!(笑)
・投稿者/ ASPARA
・投稿日/ 2019/09/22(Sun) 11:30:46
    青木さん
     そうなのでありますよ。
     ひと昔前は、宇宙は乾いた場所なので、水なんて?と思っていたら、ありゃりゃ?ってな感じですね。
     惑星の潮汐力で熱源が発生してそこに生態系が発生なんて考えもしなかったのに、地球上でも深海の熱水鉱床で生物がうじゃうじゃとか、極限環境生物が見つかってますんで、地球外生命体の発見にも期待できますね!おっしゃる通り、必須アミノ酸と蛋白質の鎖なんて発見されたら、南極の火星由来の隕石の中に線虫の化石のようなものが・・・とは比較にならない騒ぎになるでしょうね。
     個人的には、探査機ニューホライズンでの冥王星の画像が最近では一番のお気に入りでした。流石にガミラスの前線基地はなかったのですが、ここから先は太陽系外縁のカイパーベルト天体、彗星の巣の領域まで探査機が行ったのはやはり驚きを感じます。ハート形の地形にはちょっと驚きました。(笑)
     しかし、真面目に科学的な考証をすると、SFまんがってのはお話が成り立たなくなので、やっぱり「センス・オブ・ワンダー」のノリで、ちょっぴり真面目な設定を配合するくらいでいいよな気がしています。
     とはいえ、自分のマンガで恐縮ですが、あんなに異星人の可愛い女の子が地球人と同じ感情や倫理観でいるはずもなく、とはいえ「だって魔法が使えるんだからしょーがないじゃん!」的なノリでは、もはやファンタジーだと思うので、勝手に自分の中で「共通の遺伝子を有する種族の人為的な繁種による結果」と設定してます。この辺は、宇宙戦艦ヤマト2199や2202でも同様の設定なので、やはりSFをベースにかんがえると、こうなっちゃうのかなと思います。
    でも、タコ型のヒロインに「ダーリンが大好きだっちゃ!」なんて言わせても、ちっとも楽しくないので、やっぱり、可愛いヒューマノイドタイプが一番っすよね〜。
    またまた、長くなってスミマセン

8729/ パロディアお待ち
・投稿者/ 青木ひびき
・投稿日/ 2019/09/21(Sat) 07:20:18
    CATさん
    いつもいつもありがとうございます。
    10月刊行を楽しみにお待ちしております。
    とは言え、どうか無理なきように、ご自身のペースでお進めください。

    ASPARAさん
    オリオン計画なんて、ありましたねー。
    こう考えると、結構人類は常に宇宙へ行こうと考えてるのでしょうね。
    まあ、今でも核爆発を連続させて推進しようというのが、
    多分最も現実的で、速度を稼げる方法のようですが、
    さすがに核物質をばら撒くような方法は、ヤバそうですね笑。
    核融合がもっとコントロールできる規模に縮小すれば、
    水素とヘリウムを作り出すだけで、クリーンな推進器になるでしょう。
    あーもちろん、あえて、中性子が生み出されることには目をつぶりましたが笑、
    融合炉から飛び出してくる中性子をどうやって、宇宙船内を通らせないか、
    炉内に溜まった中性子の処理をどうするか、とか、まあ、コストの高い問題点が
    いっぱいありますねー。
    エウロパやタイタンの、生命の可能性もワクワクしますね。
    ハビタブルゾーンからかくも離れた場所で、火山活動や親惑星の起こす
    潮汐の力だけで、生命が生み出されたとしたら、この宇宙での
    生命の在り方は案外、ありふれたものになるのかも。
    同時にその形態にも興味がありますね。
    詳細はマニアックに長くなるので笑、端折りますが、
    必須アミノ酸と蛋白質の鎖が見つかるだけでも、凄いことですもの。

8728/ あっ。
・投稿者/ ASPARA
・投稿日/ 2019/09/19(Thu) 22:39:04
    エウロパは木製じゃありません。岩石型の衛星です。失礼しました。
    本格的に描き始めたら、もはやマニアの域になるので、この辺で。

8727/ 気になりますね!
・投稿者/ ASPARA
・投稿日/ 2019/09/19(Thu) 22:35:40
    第2のオウムアウア、時速15万キロで接近中というのは、やはり心をくすぐりますね。特に恒星間天体ってロマンを掻き立てられます。
    エネルギー利用の規模で文明のタイプを分類したカルダシェフのタイプ1〜3の文明分類におけるタイプ2の恒星規模のエネルギーを利用する文明のレベルにや地球文明ははるかに及びませんから、他の恒星系への進出は1000年先ぐらいになるのでしょうね。
     でも、1950〜60年代の勢いからすれば、本当はとうの昔に火星までは到達しててもおかしくはなかったような気もするのですよ。
     あの頃は、「オリオン計画」なんてゆーのもあり、宇宙船の推進力にペレット型の核爆弾を爆発させながら推進力を得るなんて、ゴーカイな計画もありましたし。(笑)実際に火薬を爆発させた実験では推進力も得られたそうですが、部分的核実験禁止条約(大気圏内の核実験が禁止)のおかげで、計画が頓挫しちゃったのですけども、今でもこの方法が唯一、現在の技術で実現可能な恒星間航行の方法なんですよね。最高速は秒速1〜3万キロが達成できるので、太陽系の端っこにいるボイジャーでも秒速17キロぐらいですから、実現するなら見てみたいものです。
     でも、核爆弾をどっかん、どっかん爆発させながら進む宇宙船は、もうそれだけで猛烈な反対運動に見舞われそうな気がします。
     やっぱり、宇宙開発は政治や経済の状況と無縁ではいられないのでありますね〜。
     昨今の新興国の宇宙開発(中国やインドなど)も、「領有」とまでは言わなくても、実効支配の既成事実を見据えて、軍が中心で進めている節もあるので、やっぱり全体的な流れは、これに対抗していくことになるんでしょう。
     いや、小難しいことを書いてしまいましたが、最近は土星の衛星エンケラドスやタイタン、木製のエウロパに水とかメタンの海があることがはっきりしてきたので、地球外生命体がいるのじゃないかと、ワクワクしています。
    長文すみません。


全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6]
編集/削除フォーム
記事NO
(半角数字)
/
削除キー/



- 自由巣HPへ -